登録企業数、レポート掲載数

378 1471 レポート 759 活動
トップページ > CSR特集 > 【清涼飲料水業界】コカ・コーラ、サントリー、伊藤園、アサヒ飲料のCSR

【清涼飲料水業界】コカ・コーラ、サントリー、伊藤園、アサヒ飲料のCSR



寒い日はほっと一息缶ジュースを購入する機会も増えますよね。今でこそ当たり前に自動販売機で暖かい缶ジュースが普通に購入できますが、昔は暖かい缶ジュースが売っている自動販売機を探すのも大変でしたね。最近では、自動販売機もプリペイドカードで購入できますし、見本もデジタルデータになったりして進化しています。そんな清涼飲料水業界を取り上げてみましょう。(2012年8月17日作成、2015年2月25日追記)

 

清涼飲料水業界のCSRレポートはこちら
日本・コカ・コーラ
サントリー
伊藤園
アサヒ飲料

※無断記事転載禁止

今後益々環境への取り組みを加速させてほしい業界

【清涼飲料水業界】コカ・コーラ、サントリー、伊藤園、アサヒ飲料のCSR

Some rights reserved by Norio NAKAYAMA

清涼飲料水業界のCSR活動は、売上高や利益に関係なく、どの企業もしっかりと取り組んでおり、ペットボトルの再利用(※注1)から製造工程で発生してくる廃棄物のリサイクル等業界全体として再資源化への取り組みが進んでいます。中でも、事業が「水」との関わりが強いということもあり、その枯渇については各社の生命線となります。最近では、企業や公的機関の炭素情報の開示を促進するNPOカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)が、今度は水をテーマとしたCDP Water Disclosureプログラムも開始されており、CSR担当者も水資源のリスクとチャンスについて考える機会も増えてきています。また、自然資源へ影響があると思われる地球温暖化などへの取り組みを積極的に進めているのは本業に関わる部分が強いからでしょう。今後、資源枯渇が叫ばれている時代に、清涼飲料水業界全体で取り組みは、一消費者として応援し続けていきたいと思いますね。

※注1 ペットボトルの再利用
ペットボトルは「容器包装リサイクル法」により、1997年7月から製造事業者に対し「再商品化義務」が課せられ、回収・リサイクルが進められている。最近では、「Pet to Petリサイクルボトル方式」など各企業が積極的に取り組んでいる。

環境への取り組み

【清涼飲料水業界】コカ・コーラ、サントリー、伊藤園、アサヒ飲料のCSR

日本コカ・コーラの環境への取り組み

環境配慮型製品開発以外に、清涼飲料水業界が環境面で取り組まなければならない本業に即した活動として、水資源への調達リスク対策が必須です。日本コカ・コーラは「水資源の持続的な管理におけるグローバルリーダー」になることを目指しており、実質的な水使用量をゼロにする「ウォーター・ニュートラリティー」に世界中で取り組んでいます。

執筆者プロフィール

【清涼飲料水業界】コカ・コーラ、サントリー、伊藤園、アサヒ飲料のCSR

猪又陽一 (いのまたよういち)
アミタ株式会社 CSRJAPAN編集長 兼 CSRプロデューサー
早稲田大学理工学部卒業後、大手通信教育会社に入社。教材編集やダイレクトマーケティングを経験後、外資系ネット企業やベンチャーキャピタルを経て大手人材紹介会社で新規事業を軌道に乗せた後、アミタに合流。環境・CSR分野における仕事・雇用・教育に関する研究。環境省「優良さんぱいナビ」、企業ウェブ・グランプリ受賞サイト「おしえて!アミタさん」、「CSR JAPAN」等をプロデュース。現在、企業や大学、NPO・NGOなどで講演、研修、コンサルティングなど多数実践中。

清涼飲料業界のCSR活動紹介

社名 コカ・コーラグループ
売上高・営業利益・従業員数 掲載なし
商品 ジョージア、コカ・コーラ、アクエリアス
特長的なCSR活動 サスティナブル・パッケージ
活動内容・実績 「い・ろ・は・す」の「ecoボトルしぼる」や、植物由来素材を利用した「プラントボトル」など、「使いやすさ」「環境対応」「楽しさ」の3拍子そろった「サスティナブル・パッケージ」の製作に取り組んでいる。容器軽量化を推進し、新たに炭酸製品500mlPETボトルで業界最軽量クラスとなる24gのボトルを採用。2020年をめどにCO2削減を25%目標。

CSRJAPAN掲載
CSRJAPANランキング 2014 総合ランキング 221位, 業界別ランキング 20位
2013 総合ランキング 91位, 業界別ランキング  8位
2012 総合ランキング 24位, 業界別ランキング  7位
2011 総合ランキング 103位, 業界別ランキング  12位
社名 サントリー食品インターナショナル
売上高・営業利益・従業員数 売上高   9,921億円
営業利益  584億円
従業員   17,533名
商品 ボス、伊右衛門、ペプシ
特長的なCSR活動 サントリー「天然水の森」
活動内容・実績 2003年、サントリー九州熊本工場の水源涵養エリアではじめた「天然水の森」の活動は、今では、13都府県18カ所にまで広がっている。その総面積はおよそ8,000ha。<工場で汲み上げる量以上の地下水を生み出す森を育む>という目的を達成するには、すでに十二分な広さ。“水と生命(いのち)の未来を守る”森づくりを通じて、より広く社会に貢献していくために、新しい目標を立案。「天然水の森」を、<工場で汲み上げる量の2倍の地下水を生み出す広さ>=約12,000haに拡げるという目標。50年先、100年先を見つめながら、さらに、大きく豊かになっていく「天然水の森」。


CSRJAPAN掲載
CSRJAPANランキング 2014 総合ランキング 37位, 業界別ランキング 6位
2013 総合ランキング 99位, 業界別ランキング  11位
2012 総合ランキング 72位, 業界別ランキング  12位
社名 伊藤園
売上高・経常利益・従業員数 売上高   4,039億円
営業利益  202億円
従業員   7,169名
商品 お~いお茶
特長的なCSR活動 茶殻リサイクルシステム
活動内容・実績 茶殻を水分を含んだままリサイクルする技術を開発し、封筒などの製品を製造。紙原料の削減や調達方法改善に貢献。お茶入り畳「さらり畳」、お茶入りボールペン、お茶入りダンボールなど製品多数。


CSRJAPAN掲載
CSRJAPANランキング 2014 総合ランキング 111位, 業界別ランキング 11位
2013 総合ランキング 127位, 業界別ランキング  15位
2012 総合ランキング 132位, 業界別ランキング  23位
社名 アサヒ飲料
売上高・営業利益・従業員数 売上高 3,336億円
営業利益 88億円
商品 ワンダ、十六茶、三ツ矢サイダー
特長的なCSR活動 工場の廃棄物再資源化
活動内容・実績 3工場の製造工程で発生する廃棄物の再資源化100%を維持・継続。コーヒーやお茶のかすは肥料、富士山工場では茶粕を牛の飼料として活用中。
CSRJAPAN掲載
CSRJAPANランキング

※売上高、経常利益、従業員、会員数については「日経業界地図2015年版」日本経済新聞社編 参照。

◆他業界分析は?

セメント業界(太平洋セメント、宇部三菱セメント、住友大阪セメント、トクヤマ)のCSRはこちら
即席めん業界(日清食品、東洋水産、サンヨー食品、明星食品)のCSRはこちら
スポーツ業界(アシックス、ミズノ、デザイン、ゴールドウイン)のCSRはこちら
コンビニ業界(セブン、ファミマ、ローソン、ミニストップ)のCSRはこちら
家電量販店業界(ヤマダ、エディオン、ケーズ、ヨドバシ)のCSRはこちら
ビール業界(アサヒ、キリン、サッポロ、サントリー)のCSRはこちら
人材サービス業界(リクルート、テンプ、パソナ、JAC)のCSRはこちら
トイレタリー業界(花王、ユニ・チャーム、ライオン、小林製薬)のCSRはこちら
警備保障業界(セコム、綜合警備保障、セントラル)のCSRはこちら
カタログ通販業界(ニッセン、千趣会、ディノス)のCSRはこちら
菓子業界(森永、明治、ロッテ、カルビー)のCSRはこちら
通信キャリア業界(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)のCSRはこちら
銀行業界(三菱UFJ、三井住友、みずほ、りそな)のCSRはこちら
損害保険業界(MS&AD,東京海上,損保ジャパン日本興亜)のCSRはこちら
ドラッグ業界(マツキヨ、サンドラッグ、スギ、ツルハ)のCSRはこちら
回転ずし業界(スシロー、カッパ、元気、くらコーポレーション)のCSRはこちら
ファミリーレストラン業界(すかいらーく、サイゼリヤ、ロイヤル、アレフ)のCSRはこちら
牛丼業界(ゼンショー,吉野屋,松屋)のCSRはこちら
調味料業界(味の素、キユーピー、キッコーマン、カゴメ)のCSRはこちら
カラオケ業界(第一興商、シダックス、ビーアンドブイ、コシダカHD)のCSRはこちら
石油業界(JX,出光,昭和シェル,コスモ)のCSRはこちら
旅行業界(JTB、HIS、KNT-CT、日本旅行)のCSRはこちら
AV・デジタル家電業界(日立、パナソニック、東芝、三菱)のCSRはこちら
百貨店業界(三越伊勢丹、J.フロント、高島屋、そごう・西武)のCSRはこちら
ホームセンター・ディスカウント業界(DCM,ニトリ,ドンキ,MrMax)のCSRはこちら

 



登録企業様はこちら

ログインID:
パスワード:
>>パスワードをお忘れの方へ

ソーシャルログイン

お持ちのソーシャルアカウントで手軽に下記のボタンから
メールマガジンにご登録いただけます。

SNSログイン後にご登録下さいませ。

週間アクセスランキング

期間:4月22日~4月28日現在
期間:4月22日~4月28日現在